瞑想を極めたくて長時間のフライトに耐えて聖地リシケシ

健在の生徒です。前年の10月に、インドのリシケシへ行ってきました。大阪からリシケシの最寄りの飛行場までエアーで約25歳月罹り、飛行場からリシケシまでタクシーで約1歳月かかりました。リシケシへ行った意味は本場のヨガを体験する結果で、1それぞれで行きました。私はお母さんですが、リシケシはインドの中でも割り方無事故だと感じましたし、他のレディースツーリストも1それぞれで来ているそれぞれが多かったです。リシケシにはアシュラムというヨガ道場が多く、そこでは年中投宿してヨガを学べます。私もヨガ・ニケタンというアシュラムに2ウィーク投宿して、ヨガや瞑想を体験しました。町中にはヨガスクールもたくさんあるので、宿屋に泊まりながらヨガをすることも可能です。アシュラムでは飯も3食ついていますが、昼めしは外側で食することが多かったです。私の一番宝物は、ガンガー・ビーチ・カフェです。ラクシュマン・ジュラー橋の東岸にあり、橋を渡って右手に曲がってさっと行ったところにあります。靴を脱いで過ごせる催しもあり、一際印象が最高です。おすすめはフルーツサラダで、凄くうまいですよ。リシケシはベジタリアンなので、肉やお酒を提供している食堂はありません。それでも、いつの食堂も耳よりや野菜のディナーがすごく旨いので、最も不安にならなくてもいいと思います。また、リシケシにもガンジス川が流れていますが、水がきれいなので沐浴やラフティングをするツーリストもいる。ヨガをしないそれぞれでもOK楽しめます。リシケシでの2ウィークはすごい充実していて楽しかったです。インドへ行くならリシケシは強要おススメです。スキンフェアリーをamazonで探している人は肌に悩みあり